2011年07月19日

なでしこ力 さあ、一緒に世界一になろう

1日たっても興奮冷めやらぬ女子サッカーW杯優勝。

おやじギャグが好きで選手とも良好な関係だ。

日本ではこういう快挙があるとマネジメントの参考にされるが、

テレビや新聞では佐々木則夫監督の”横から目線”をキーワードにしている。

上からの強力なリーダーシップ、カリスマ性ではなく、

選手たちと同じ位置にたちながらコミュニケーションをとっているといった感じである。

まぁ、この本自体マネジメントを主とした感じではなく、佐々木監督がどういう風になでしこJAPANを強化していったかがかかれています。

9月からオリンピック予選ということですが、今度は追われる立場。

佐々木監督にはそういった観点からも何か書いてほしいですね。

ともあれ、おめでとう世界一!


世界王者を目指すなでしこの監督がもつ、女子選手の意欲を高める秘訣がここにある!

なでしこジャパンはなぜ強い?

日本の女性の長所とは?

女性が100%の力を発揮したくなる組織とは?

女子ワールドカップで世界一の現役監督が、その秘密を解き明かす。

携帯: なでしこ力 さあ、一緒に世界一になろう!




posted by あまとく at 17:13| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

AKB48総選挙! 水着サプライズ発表2011

AKB48 22ndシングル選抜&アンダーガールズ40人全員をカウントダウン方式で発表する唯一の水着写真集が今年も発売。


数々の伝説を生んだ“AKB48総選挙”の興奮がこの1冊に!

【スペシャルムックの内容】
○総選挙1位〜21位、選抜21人全員水着グラビア&インタビュー
○アンダーガールズメンバー19人全員水着グラビア&インタビュー
○秋元康プロデューサー“第3回総選挙”インタビュー
○実録ドキュメント!AKB48総選挙2011密着取材(南海キャンディーズ・山里亮太解説)
○AKB48、SKE48、NMB48劇場支配人インタビュー「総選挙後の48」
○ルポマンガ「AKB48総選挙“徳さんは今年もガチです”」(田辺洋一郎・作画)
◯AKB48、SKE48、NMB48“圏外ガールズ”ホープ対談


【特別付録】
○「オレ選抜を作ろう!」選抜総選挙ポスターカード150枚!
○選抜メンバー両面BIGポスター!

発売予定日は2011年8月5日頃です。

携帯: AKB48総選挙! 水着サプライズ発表2011 (集英社ムック)


posted by あまとく at 11:37| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

木村拓哉 プレミアムボックス 本 「開放区2」&「TAKUYA KIMURA×MEN’S NON―NO写真集」

SMAPの木村拓哉(38)の書籍3種類が9月30日に集英社から同時発売されることになった。

同社の月刊誌「MYOJO」の連載をまとめたフォトエッセー「開放区2」(1995円)と、

月刊誌「MEN’S NON―NO」に登場した際のショットを集めた写真集「TAKUYA KIMURA×MEN’S NON―NO写真集」(2730円)、

さらにこの2冊と特製Tシャツをセットにした「木村拓哉 プレミアムボックス!」(8925円)。

Tシャツは木村と人気ブランド「ヒステリック・グラマー」が共同でデザインしたもので、キムタクの顔がプリントされているそうだ。

このボックスセットは予約だけの限定販売となる。

「開放区2」は、03年に発売され、約50万部を売り上げた「開放区」の第2弾。

フォトエッセーには撮影時のマル秘エピソードや少年時代の思い出などが満載だ。

東日本大震災の被災地への思いや、ジャニーズ事務所の震災復興プロジェクト「Marching J」に参加した心境なども綴っている。

写真集は、過去の写真や、撮り下ろしの最新ショットなど200以上の写真とインタビューが掲載される。

携帯: 木村拓哉 プレミアムボックス!


posted by あまとく at 11:41| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

武井咲写真集「PLUMERIA」

2011年咲いた武井咲、17歳の記念碑。

顔立ちだけっではわかりにくいのですが、まだ17歳なんですね。

ドラマではアスコーマーチで主演、ソフトバンクやイオンのCM、来年の大河ドラマ出演と、

この半年あまりでかなりブレイクしてます。

2011年に大きく開花、笑顔の制服姿からクールビューティーの化粧品まで、振り幅の広い役柄のCMや、ドラマ・映画・ラジオ・ファッション誌などあらゆるメディアを席巻する究極美少女・武井咲(17歳)

ターニングポイントになったこの1年間を追った写真集。

ハワイの涼風や、沖縄の濃緑を背景に、大ブレイク前後の心境を綴ったエッセイも充実。

15分の豪華DVDも添付した、新世紀美少女の多面的な魅力満載を満喫できる一冊です。

携帯: 武井咲写真集「PLUMERIA」


posted by あまとく at 15:03| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

櫻井翔と宮崎あおい主演映画、「神様のカルテ」公式メモリアルフォトブック

現役医師の作家・夏川草介によるベストセラーで、2010年本屋大賞第2位にも選出された同名小説「神様のカルテ (小学館文庫 な 13-1) 」を映画化。

その作品で撮り下ろした写真をふんだんに使ったフォトブック。

主演は、人気アイドルグループ「嵐」の櫻井翔と宮崎あおい。

嵐・櫻井翔の単独、対談インタビューなど盛りだくさん!

「60歳のラブレター」「白夜行」の俊英・深川栄洋がメガホンをとる。

夏目漱石を愛読し、信州の地方病院に内科医として勤務する栗原一止が、写真家の愛妻・榛名や同僚医師、看護師、患者、アパートの個性的な住人らに支えられ、医師として成長していく姿を温かなまなざしで描くヒューマンドラマ。

櫻井翔、宮崎あおいの他に、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まりこ、柄本明らが出演。

同名のテーマ曲はピアニスト、辻井伸行が担当。

ちなみに、劇場前売り券が6月11日、全国で一斉に発売されました。

先着2万人限定で2枚1組のポストカードセットが前売り特典だったのですが、早朝から多くのファンが劇場窓口に殺到し、即日終了となったくらいの人気だそうです。。

8月27日から全国で公開。



発売日は7月の予定です。

携帯: 「神様のカルテ」公式メモリアルフォトブック


posted by あまとく at 15:52| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

福島在住の詩人・和合亮一 「詩の礫」

NHKで紹介されていた詩集「詩の礫」は、福島在住の詩人・和合亮一氏が被災6日目から「ツイッター」で発表を開始した新たな形式の詩をまとめたものです。

東日本大震災によって壊滅的な打撃を受けた東北地方。

大津波、原発被害で失われた日本の原風景たる世界を憂う詩人の言葉の力。

140字という独特な制限の中で記された言葉は、迫真性と臨場感にあふれ、圧倒的な言葉の力は、極めて短期間で1万人を軽く超える読者の支持を得ました。

湧出する感情のまま、まさに礫のごとく向かってくる詩の数々は、故郷・福島への愛しさ、肉親、子、友、自然への慟哭、震災への行き場なき怒り、絶対という概念を失った世界の不条理を描き、読者の心の深い部分を痛いほど衝いてきます。

携帯: 詩の礫


posted by あまとく at 21:32| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

記憶喪失になったぼくが見た世界 朝日文庫 坪倉優介

ザ・ベストハウス123で脳科学の先生、茂木さんが紹介していた方の本「記憶喪失になったぼくが見た世界」です。

坪倉優介さんは事故で重度の記憶喪失になった。

名前などだけでなく、食事の仕方から、お風呂の入り方、ありとあらゆることの記憶が無くなってしまった方が、

育て直すと決心した母との努力で新たに記憶を作る。

今では奇跡的に損傷した傷痕も見当たらなくなり、脳が再生したのだという。

坪倉優介さんは独特の才能を開花させ、草木染め作家として活躍中。

短い文章では努力、苦悩などをはじめ、伝わりにくいが、大変なことだっただろう。

また、”脳”の不思議さもあらためて認識させられる。


posted by あまとく at 16:44| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

ザッケローニ 新たなる挑戦 宝島社

アジアカップで日本代表を優勝に導き、いまだ興奮冷めやらぬ中、

宝島社は、新刊「ザッケローニ 新たなる挑戦」(セルジオ・タッコーネ著、利根川晶子訳)を2011年2月10 日に発売する。

2月のFIFA発表の世界ランクでは5年ぶりに12ランクアップし、20位以内になり17位になった日本。

決勝で戦ったオーストラリアも5つ上がって21位となったが、日本代表がアジア連盟所属チームで最高位。

とにかくあの手腕には驚くばかり。

個性派、自己主張の強い選手ばかりがいるイタリアで培った操縦術は見事です。

スポーツ紙をはじめメディアでは、選手の観察、対話、主力選手だけでなく控えの選手や周囲の人にまで気にかけ声をかけるという。

また叱責もするが、自信になるようにフォローも忘れず、選手からの信頼も勝ち得ている。

選手としては肺の病気で早くにあきらめざるを得なかったアルベルト・ザッケローニがいかにしてここまでの監督になったかは是非知りたいと思います。

2014年ブラジルワールドカップ・ベスト8進出という目標に向け、今その手腕に最も注目が集まっているイタリア人指揮官の栄光の歴史と、守備の国・イタリアで陥った苦悩の日々を、現地ジャーナリストが綴る。

勝つことが最も難しいとされる世界最高峰のリーグ、イタリア・セリエAで、ACミラン、インテル、ユベントスなどのビッグクラブを率い、スクデット(優勝)を獲得したほどの名将が、なぜ新たな職場に日本という地を選んだのか。

生い立ちから、選手選考、システム論まで、その素顔に迫る。




posted by あまとく at 22:32| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

市橋達也 逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録 単行本

平成19年、英会話講師のリンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=が殺害された事件で、殺人と強姦致死の罪などで起訴された市橋達也被告の手記出版へ。

東京→北関東→静岡→東北→四国→沖縄→関西→九州。

電車、船、バス、自転車、徒歩で転々と移動した。誰にも語らなかった、「逃げた後、捕まる」まで。

2年7カ月の間、どこにいて、どのような生活をし、何を考えてきたのか。市橋達也、拘置所からの懺悔の手記。

捜査機関に対し黙秘を続けてきた市橋達也が、これまでほとんど明らかにしてこなかった逃走生活の全貌を克明に書いた。

カバー画も、本文説明用の挿画も、本人直筆。

動機は女装したり、体を売ったという”汚名”をはらしたいから。

鼻はタコ糸で縛り細くし、唇ははさみできりお年、オフロはカッターで削ぐなど、”整形”を自分で行っていたと言う。

裁判員裁判で今年審理が始まる。

そのため謝罪らしきことはしているそうだが、動機部分はない。

売り上げは遺族にということらしいが、

本当に反省しているのだろうか?

あまりに身勝手な思いではないだろうか。


posted by あまとく at 13:11| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

映画「GANTZ ガンツ」 ビジュアルブック GANTZ VISUAL BOOK 二宮和也、松山ケンイチ

二宮和也、松山ケンイチ。人気・実力とも超トップクラスの二人が、1月29日公開の映画『GANTZ』でついに共演!

主演二人を始めとするキャストの魅力がふんだんに詰まったオフショットや、映画の世界観を追求したスペシャル特写、この本でしか読めない二宮和也と松山ケンイチの1万字ロングインタビューなど大充実のコンテンツでお届けする、映画『GANTZ』のオフィシャル写真集です。

posted by あまとく at 16:14| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。